私の行きたい場所には素敵な靴が連れて行ってくれる

良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる
フランスのことわざ

この言葉を漫画やドラマで見てなんとなく覚えているという方は多いと思います。主人公の少女に、憧れの女性が素敵な靴をプレゼントするという女性にとってとてもうっとりしてしまうようなシーンです。

靴に関することわざや名言は世界中に様々ありますが、特に女性が自らの意見をしっかり持ち自己主張をはっきりとする国に多いように思います。
その中でも、特に多いのがファッションの国イタリア。

足に合った靴を履いている足は年をとらない。足は若さと美しさを保つ
フェラガモ

超一流のデザイナーであるフェラガモは靴の履き心地を何よりに気にしてデザインしていました。このこだわりは、その人の足に触れただけで体調がわかるほど!だったそうです。

sex and the cityの主人公キャリーはお家に素敵な靴をコレクションしていたり、おしゃれは足元からと言ったり、おしゃれで素敵な、人から憧れられるような人は足元のにも気を使います。

足元って目立たないようだけど、見る人にはしっかり見られている物です。

それに、1日中自分の事を支えていきたい所に連れて行ってくれる靴です。

ボロボロだったり、汚れっぱなしの物を履いていたらその靴に見合った場所にしかいけません。だって突然素敵な彼に、きれいなレストランに誘われたときにかかとの削れたヒールや汚れたパンプスで行けるかしら?

もちろんただ高いだけの靴を買うべきと言っているわけではありません。

あなたが心踊るような、どこかに歩き出したくなるような素敵な履き心地の良い靴を1足でも持ちましょう。そしてメンテナンスを怠らないこと。

☆Today’s work☆
私を素敵な場所に連れて行ってくれる靴を、
大切にできているかちょっとだけ考えてみる♡