インフレ対策♪賢く貯めてお金を守ろう!

前回はインフレとは何かについてお話ししました。

知らないと本当に怖い!お金の価値がどんどん下がるインフレって?

2018.07.17

お金の価値がどんどん下がってしまう怖いインフレ。では、そんなインフレにも負けず大事なお金を守るにはどうすればいいのでしょうか。

インフレとは、お金の価値が下がり、物の価値が上がること。そうです!お金ではなく『』で貯蓄しておけばいいのです。物で貯蓄?普通にお買い物をすること?いいえ、違います。

例えば、普通にお洋服や靴を買ってしまうと消耗品を買っているためあなたの財産としては残りません。お洋服や靴は流行がありますし、ファストファッションなどがあるように世の中にあふれかえっている為、わざわざ人が買ったものを何年もして買おうとは思いません。

ここでいう『物』とは『現物資産』と呼ばれる『物』です。『現物資産』とは、形がありその物自体に価値のある物の事を指します。例えば、量の限られている物や何年たっても価値の変わらないもの逆に年を重ねるごとに価値が上がる物の事です。

その中でも、人気があるのが

■金・プラチナ
■不動産投資

です。

たまにCMなどで耳にする「純金積み立てこつこつ♪」この『純金積み立て』というのがインフレ対策の金購入方法の1つです。

純金=金 はその時々によって価値が変わります。例えば、1月は100グラム1000円、2月は100グラム500円、3月は100グラム3000円だったとします。積み立てですから、毎月決まったお金を証券会社だったり金の取り扱いをしているお店に預けます。

今回は毎月3000円積み立てる事にします。
1月は100グラム1000円なので300グラム買えました。
2月は100グラム500円なので600グラム買えました。
3月は100グラム3000円なので100グラム買えました。
3月までに合計で10000グラム金を買えた事になります。

この用に毎月一定の金額を払い続ける事で最終的には損をしずらくなりリスクを最低限に抑えインフレに備える事ができるのです。純金積み立ては不動産のように多くの元手を必要としない事や、現物資産ではありませんが、インフレと相性の良いとされる株式投資のように会社の倒産により株式の価値が0になってしまうという心配はありません。

しかし、利益率が少なく価値の変動によるリスクもあります。それでも、銀行に預けてただただ価値が下がるのを待っているより現物資産として純金積み立てをつき1000円からでも始める事が大事なお金を守るためのインフレ対策になるのではないでしょうか?