【SSL】対応をしないとマジでやばい!エックスサーバーとロリポップで無料対応方法

巷でうわさになっている【SSL】対応。
いったいなんのことやら…と思われているあなた!まだ対応していないようでしたらマジでやばいです!今すぐ、確認してくださいね!

そもそも【SSL】って何?なんのために必要なの?

【SSL】とはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上でデーターを暗号化して送信する仕組みの事を言います。

例えば、クレジットカードの決済をインターネット上で行ったりしますよね。もし、SSL化されていないサイトで、クレジットカードの決済を行ってしまうと、その情報を盗聴されてしまって勝手にクレジットカードを使われてしまう恐れがあります。

すごーく怖いですよね。だからネットショップなどのサイトでは、【SSL】化は必須とされています。

では、なぜ、私たちの様にネットショップでもないただのブロガーが【SSL】化しなければいけないかというと、それは天下のGoogle様の一存に従わなければいけないからです。

Googleの運営するブラウザ”chrome”では、2018年7月20日のアップデートで、【SSL】化されていないサイトには「保護されていません!」という赤文字でアラートを出すと発表しました。それだけならまだしも、2018年9月のアップデートでは、【SSL】化されていないとサイトが表示されなくなってしまう…なんて恐喝じみたこともおっしゃっています。

ブラウザはもちろん”chrome”以外にもありますが、日本国内でも”chrome”のシェア率は36%とめちゃくちゃ高いのです。(世界的にみると55%と圧倒的)

そのため、【SSL】化されていないサイトは最悪表示されなくなってしまうという恐れがあるため、【SSL】化する事は必須となっているのです。

では、さっそく【SSL】化の方法をお伝えしていきますね。ここでは、私の使っている【Xサーバー】と【ロリポップ】で行っていきます。

【Xサーバー】で【SSL】対応する方法

①まずは「サーバーパネル」にログイン
↓ログインはこちら↓
https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

②ドメイン項目の「SSL設定」をクリック

③設定するドメインを選択し

④「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

 

④設定完了


一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映します。私の場合は速攻で反映されましたよ!

【ロリポップ】で【SSL】対応する方法

 

①まずは「ユーザー専用ページ」にログイン
↓ログインはこちらから↓
https://user.lolipop.jp/?mode=login

ログインしたら、スクロールして独自SSLのお申込みはこちらをクリックします。

②独自SSL(無料)の設定
「SSLで保護されていないドメイン」が表示されます。

独自SSLを適用するドメインおよびサブドメインを選択します。
選択後、各独自ドメイン単位で「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

③ 設定完了
申請後、独自ドメインおよびサブドメインの状態が「SSL設定作業中」に変わります。

設定完了

設定が完了するまでに5分程度がかかります。
5分程待ってページを再読み込みすると、設定が完了したドメインは「SSL保護有効」となり、「SSLで保護されているドメイン」に移動されます。
「SSL保護有効」となったドメインで、https://を冒頭に付けたURLでアクセスできれば、独自SSLの設定が完了しています。

以上で【SSL】の設定は終了です!はい。とっても簡単ですね!

私のおすすめサーバーはエックスサーバーです!何といっても使いやすいし、多くの人が使っているので困ったときはググればすぐに対応方法が出てきます。エックスサーバーがちょっと高い…と思うのであればロリポップ!をおすすめします。

こちらも利用者がとても多いので、ググればだいたいの問題は解決します。

↓エックスサーバーを見てみる↓
エックスサーバー

↓ロリポップを見てみる↓
ロリポップ!